ダイレクトゲインを考える

 

ダイレクトゲインを考えるにあたって

太陽エネルギーを利用するということは、現在までのエネルギーの使い方のように
電気やガスや灯油を適当にドンと持ってきて、
これも適当に配分して使う、というわけにはいかない。
 
太陽エネルギーの欠点というのは、あくまでも現在の化石燃料の視点から見た場合であるが、
集めるのに大きな面積が必要(エネルギーが分散している)である。
しかし物事には欠点があればその裏側に必ず利点もあるのが常である。
化石燃料の場合は限られた場所から個人が掘って持ってくることはほとんど不可能であるが、
太陽エネルギーの場合はエネルギーの方から勝手に来てくれるし、
その希薄さゆえに誰でもが安全に自由に工夫して使うことができる。
 
化石エネルギーは極端に狭い範囲で大きな力を出すことに優れているが、
太陽エネルギーは広い面積全体で初めて大きな力を発揮することができる。
また、化石エネルギーは取り出した大エネルギーを広い範囲に分配して使う中央集権型であるが、
太陽エネルギーは個人レベルの個別分散型である。
そのため、一部が壊れても全体への影響はいたって少ないが、
中央集権型である化石エネルギーはそこが壊れれば、
そこからエネルギーの供給を受けている範囲は全滅である。
このように先ず視点を変えて少し努力すれば快適で安全な社会も夢ではないだろう。
 
結果としては、人類は必ずそういう社会に移行していくのだろう。
ただし、温暖化により破滅しなければの話であるが…。
 
ソーラーハウスを考える場合、どう太陽熱を取り込むか、
取り込めるか、溜め込めるかを考えなければならない。
 
ヒートリックスフロア(集熱床材)を使ったダイレクトゲイン・システムというのは、
屋根の集熱部の機能を床に持ってきてしまったようなものである。
屋根集熱の場合は屋根材と集熱機能が一体化したものだが、
床集熱の場合も同様に、床材と集熱機能が一体化したものである。
 
屋根集熱の場合は熱媒体である水や空気をポンプやファンで下へ移動させ蓄熱することになるが、
床集熱の場合は直接蓄熱させるため、構造をいたってシンプルにすることができる。
ソーラーハウス化するための条件は色々あるが、その中でも蓄熱槽は絶対必要な物の一つである。
 
アクアレイヤーは深夜電力用の蓄熱槽として多くの実績があるため、
ヒートリックスフロアと組み合わせることにより木造住宅を簡単にソーラーハウス化することができる。
ただし、アクアレイヤーを蓄熱部材としたダイレクトゲイン・ソーラーハウスの場合、
もう一つアルミ製の根太が必要になる。
これを従来通りの木根太にすると集熱床材からの熱が蓄熱槽に上手く伝わらず、
蓄熱効率が下がってしまうためである。
アルミ根太にすることによりアクアレイヤーの上面からだけでなく、
側面からも熱を与えてくれることになる。
 
ダイレクトゲイン方式は最もシンプルなソーラーハウス方式であるが、
屋根に比べると一般的に日射量は少ないことが多い。
そのため、その土地で得られる太陽熱量を知る必要があるし、
そこにどんな箱を置いたら、どの部分は
どれだけの日射量が得られるのか当然知らなければならない。
一階で十分な太陽熱量が得られるのか、二階でないとダメなのか、

それとも屋根だけなのかシミュレーションする必要がある。
つまり、その場所の風土を定量的に知る必要がある。
 
ダイレクトゲイン方式を最初に検討するのは最もシンプルな方式だからである。
これで上手く行くならそれに越したことはない。
しかし、立地条件によってはダイレクトゲイン方式が採用できないことも当然出てくる。
ヒートリックスフロアを使ったダイレクトゲイン方式が万能であるわけではないので、
その土地と風土に合ったソーラー方式を選択することが、
これからの住まい設計の第一歩の仕事になるだろう。
 
これからの時代はますます「simple is best」が全ての面で求められていくだろう。
 
アクアレイヤー ダイレクトゲイン・システムはそれを満足させるための
システムの一つに成り得ることは間違いがないと考えている。