おかげさまで
アクアレイヤーは
大勢の建築家からも
お褒めの言葉をいただきました。

見学イラスト

 

JIA登録建築家・スタジオmanu 主宰 只野康夫氏 

  築後25年になる自宅のリフォームに際し、
  「アクアレイヤー床暖房」をぜひ入れてみようと思った。
  水の蓄熱と自然対流を利用するアクアレイヤー床暖房は開発当初から知っていた。
  熱容量の大きい水を袋に入れて使うというアイデアが
  とても面白いと感じていたし、その性能には大いに関心があった。

  実際に使ってみると、
  水の大きな蓄熱効果により“急激に温かくなりはしないが、
  じわじわといつの間にか身体になんじでくる”感じがとても良い。
  リフォーム前は、全室ファンコンベクターだったが、
  生活の中心となるLDK部分(約30㎡)を
  アクアレイヤーに替えたことによって日常生活が一変した。

  床面の温度は熱くもなく冷たくもない“ほの温かさ”ながら、
  床仕上げの桐フローリングの軟らかさと相まって
  非常に“足ざわり”が良いうえに室温はほぼ20℃に保たれているので、
  動くにも座るにも申し分ない。
  お陰様で、二年目のこの冬も快適に過ごすことができている。