FAQ

 

【費用】

Q.アクアレイヤーの価格はどれくらいですか?

価格参考 「アクアレイヤー」は、建物の性能や
 部屋の形状に合わせて設計するオーダ
 ーメイド床暖房です。
 そのため敷設面積や熱源の種類によっ
 て、価格(イニシャルコスト)が変わ
 ります。
  
 
 



  <参考価格> 下記、条件の場合
 
  部屋の大きさ:12帖 (5.46m×3.64m)
  建物の性能:熱損失係数*2.0kcal/m2h℃
  熱源の種類:電気シートヒーター
  敷設率:約100% (アクアセル5.3m×11本)

  ●アクアセル45mmタイプ 465,500円〜
  ●アクアセル60mmタイプ 571,000円〜
  ●アクアセル90mmタイプ 663,000円〜
  
  上記金額は、施工場所が東京都内の場合の機材費および工事費の合計額です。
  施工場所に応じて、交通費・経費などの金額が異なります。
  正確な金額は、建物の形状や断熱の仕様・施工場所などのデータを基に
  設計・見積りいたしますので、こちらの見積依頼フォームよりお問合せください。

                               →見積依頼へ

  *熱損失係数とは・・・
   家全体の断熱性能をわかりやすく表すため、
   家から外に逃げる熱の程度を表す数字です。
   家の中の熱は、壁・屋根・床・窓・隙間などを通して逃げ、
   その量はそれぞれの断熱性能と、
   室内外の温度差の影響により変化します。
   家からの熱の全損失量を計算するには、壁・屋根・床・窓・隙間などから逃げる熱量を
   それぞれ計算し、それらを合計して算出します。
   熱損失係数は、さらに全熱損失量を延べ面積と内外の温度差で割ったものです。
   熱損失係数が表示されていると、断熱性能を知る目安になります。
   よく耳にする「次世代省エネルギー基準」も、この熱損失係数によって
   地域ごとに基準が定められています。
   熱損失係数が小さいと断熱性能が高いことになりますが、
   延床面積1m2辺りの逃げる熱量を表しているので、同じ数値でも
   家が大きくなれば逃げる熱の総量も多くなり、ランニングコストも多くなります。
   その点は、気を付ける必要があります。


Q.なぜ、ランニングコストを表示しないのですか?

  イゼナは、ランニングコストを表示していません。
  
  他の床暖房メーカーでは、ランニングコストを表示しているところもありますが、
  ランニングコストは建物の断熱性能や立地条件、
  ライフスタイル(住まい方)などによって非常に大きく異なります。
  同じ床暖房でも、断熱性能の優れた家とそうでない家とでは、
  ランニングコストに大きな差が出ます。
  
  断熱性能の良い家は、熱が外に逃げにくいためランニングコストが少なく済みます。
  一方、断熱性能が悪いと、熱がどんどん外に逃げてしまうため、
  その分沢山の熱を出さなければなりません。その結果、ランニングコストが
  非常に多く掛かってしまいます。建物性能やライフスタイルの違いなど
  温熱環境は多種多様にあり、それに合わせてランニングコストも大きく変わるため、
  一律に金額を出すことが出来ません。そのため、床暖房などの冷暖房機器は、
  ご家庭で使われる他の電気製品のように、
  「この機器のランニングコストは年間 ○○○○円 です」
  というような考え方は出来ないのです。
  
  たとえランニングコストを具体的に表示したとしても、
  お客様にとってはほとんど意味がないばかりか、
  時には信頼を裏切ることにもなってしまいます。その点をご理解ください。
  ランニングコストを少なくするためには、機器の選択に悩む前に、
  いかに熱の逃げにくい建物を作るかが先決なのです。
  弊社では、ランニングコストをより下げられるような提案、
  アドバイスをいつでも行っています。詳しくはご相談ください・・・

 

【その他】

 

Q.工事はどこへ依頼したら良いですか?

  イゼナ契約工事会社になりますのでご連絡ください。


Q.保証について

  床暖房本体の保証期間は5年です。
  コントローラー・リレー・熱動弁などは1年です。
  万が一のために、全物件についてニッセイ同和損害保険(株)の
  生産物賠償責任保険に加入しています。