6.太陽エネルギー学会に入会
  〜太陽電池〜
 
1975年、マミヤ光機の開発部に在籍していた時に太陽エネルギー学会に個人で入会しました。
中学の時の経験もあり、依然として、漠然とでありますが、太陽エネルギー利用の重要さを感じてい
たからだと思います。それからずっと学会誌を読んでいましたので、「太陽エネルギーの利用がどん
な方向に進んでいるか」は見ていました。
 
1993年に電気の買い取り制度が発足し、94年に太陽電池に対する補助金制度が発足したことはとても
画期的なことでした。
1975年から学会誌を見ていた私には本当に画期的なことでした。太陽電池が個人で持てるようになる
など夢のようでしたから。
すぐに申し込み、5kWの太陽電池を載せました。イゼナ発電所の所長も兼ねることになったわけです。
嬉しかったですね。


〜我が家の太陽電池〜
 
○システムの概要
屋根1 東南方向の屋根に三分の二設置
屋根2  西南方向の屋根に三分に一設置
屋根3 東南方向と西南方向の位置関係

○システム仕様
 ・シャープ製単結晶タイプ
 ・型式:NT51DL9×40枚
 ・出力:5.16Kw
 
年間4000〜4500kW/hの発電をしています。平均しますと、月に350kW/hぐらいですから、今の生
活には少し足りませんが、350kW/hしか無いという前提で、生活設計と家の設計をしたなら出来な
くはないのだと思います。
生活には少し足らないのですが、この太陽電池を生産した時に使った電力量はとっくに取り返してい
ます。通常は2年半から3年程度と言われています。ですから、今、発電している電気は、まさに純
粋な太陽エネルギーなのです。