10.21世紀のエネルギー社会
  〜太陽電池と燃料電池の生活〜

「21世紀の昔の家」は、完全なパッシブである「本家、昔の家」と違ってパッシブとアクティブの混
在したシステムになると思うのです。ただ、アクティブといっても、太陽電池に代表されるように、
発電でも機械のの発電機でなく、ほとんど動く部分の無いパーツを組み合わせた、建築部材的になっ
てくるのだと思います。

人類が電気の形でエネルギーを使っていく以上、電気も太陽エネルギーから作るのが最も合理的と思
いますが、太陽エネルギーを使う以上、「夜」や「雨の日」や「一度に沢山のエネルギーを使う」時
のことを考えて、太陽エネルギーを貯め込んで置く必要があります。貯め方は、熱として使用する場
合は、そのまま熱容量の大きい部分に蓄熱すればよいのですが、電気エネルギーとして使いたい場合
や、車などのように持ち出して使いたい場合は、蓄熱では使えません。その場合、初めの方でも申し
上げたように、「水素」の形にして貯めることが最も自然であるように思います。

各人が自宅の太陽電池で発電した電気を用いて、水を分解して水素を取り出し貯め込み、使いたいと
きに燃料電池で酸素と結合させて電気を取り出すわけですね。勿論、機械は必要ですが、投入物は
「太陽エネルギー」と「水」だけです。そのシステムからエネルギーを取り出すと水が出るだけです
から、良いことずくめです。勿論、一軒一軒、太陽電池の設置出来る最大面積は決まってしまうわけ
ですから、誰でもがエネルギー的に本当に自立できるのかは良く解りません。でも、そうなると水素
エネルギー文明です。

ちょっと楽観的すぎるかも知れませんが、人類が生き延びていれば、最後は水素文明になることは間
違いないと思います。面白いことに、太陽も水素からできているわけです。その水素の原子核が融合
して、ヘリウムになるときに莫大なエネルギーを発生し、地球上の全ての生物は、この核融合炉から
放出された莫大な電磁波のエネルギーで生きていられるわけです。太陽は誰でもただで使えるメンテ
ナンスのいらない自然の核融合炉です。ただで使えて、壊れないのですから、利用しない手はありま
せん。太陽から放射され、地球に到達したエネルギーは、地球を暖めてくれますが、同時にそれと同
じだけのエネルギーを地球は宇宙に向かって放散していることは前に述べました。そのため、地球は
一定の心地よい温度に保たれているのです。

そのように、地球に入ってきた太陽熱エネルギーはいずれは宇宙に逃げてしまうわけですから、それ
をちょっとの間、家の中に取り込んで、貯めて、少しずつ使わせてもらうという発想が、大きな「畜
熱容量」を持った住まいということなんです。一方、太陽光エネルギーの方は太陽電池で電気に変え、
さらに水素という形(燃料電池)に変えることができます。その燃料電池から電気を取り出して利用
し、最後は熱として宇宙に拡散されるというわけです。

また、一つ付け加えておくと、太陽エネルギーは植物の光合成によって食物に変換され、私たち人類
を含めた全ての動物がそのおかげで生きていくことができるわけです。太陽エネルギーの利用という
のは、太陽電池や温水器や蓄熱層だけで無く、光合成の持つ役割もまた非常に大きいわけです。光合
成で出来た物を食べ、人間として活動し、体から熱エネルギーとして発散し、これも宇宙に拡散して
いくわけです。食事をする度に、私たちは太陽エネルギーの恩恵を受けていることを、実感する気持
ちが、本当の省エネ社会を実現する前提かも知れません。


パッシブ・ソーーラーとアクティブ・ソーラー

あまり厳密な定義はないようですが、太陽エネルギーを
何らかの機械部品を利用して取り込むのがアクティブ・
ソーラーで、機械部品無しに取り込むのがパッシブ・ソ
ーラーと呼んでいるようです。
OMソーラーは機械的に空気を送り込むのでアクティブ
・ソーラー、太陽電池は素材ですので、私はパッシブ・
ソーラー部材であると考えています。