19.水のすばらしさ

この宇宙の中で、私達を含めた生命体が発生でき、生きていられるのは大気に包まれた非常に熱し難
く、冷め難い14億万立方キロメ−トル近くの莫大な海水があるからです。それらが太陽からの強烈な
輻射熱を溜め込み、対流を起こし、蒸発しながら地球上に穏やかな環境を作り上げているのです。
それに比べ、水のない月は太陽の輻射を受けている昼の地域ではプラス120度、受けてない夜の地域
ではマイナス150度に成ってしまいます。化学反応により生命を維持している私達生物にとって、変
動の少ない環境こそが最も必要なことなのです。

住まいにおいても同じ事ではないでしょうか。地球と同じように住まいの中にも水を蓄え、より大き
な熱容量を持たせ、少しの温度差により生じる対流により、安定した温度の環境を作り、全体を穏や
かに保つことが私達にとって最も望ましいのではないでしょうか。
しかし今まで作り出されてきた設備類はそのことを全く考えていません。ただ熱を出すだけだったり、
ただ冷やせば良いと言った発想だけで開発されてきました。早く暖まればいい、早く冷風が出ればよ
いと、むしろ熱容量のことは邪魔な物として排除されてきました。せっかちに「何分で暖まるか」な
どということが今だに価値が有るかのように言われています。

地球上で生きている以上、四季の緩やかな変化に近い環境を住まいの中に作ることが、必要なのでは
ないでしょうか。それこそが快適な生活を得るための基本だと思います。
人類はそういう環境を作るために本当は文明を育んできたのではないでしょうか。そしてやっと誰で
もが自由に手に入れることが出来る太陽からのエネルギー(核融合による電磁波エネルギー)を利用
することが、とても自然で合理的であることに気が付き始めたのではないでしょうか。

現在、住まいを考えるにあたって、そのような社会変化に対応できるシステムを取り入れておくこと
こそが、次の世代に対して私達がしなければならない、とても大きな義務だと思います。

イゼナはそれらの視点に立ち、生きて行くことの根源である「水」を住まいの中に取り入れました。
それが新しい住環境を創造する、世界で初めての床暖房
「Aqua Layer Heating System」です。