13.-2


ちょっと古人の知恵をご紹介しましょう。

京都の町屋のように、坪庭を有効に使う解決策もあると思います。それは、温度が低く重たくなった
空気を逃がさないようにして、「ゆらぎのように動く空気」を利用する方法と言われるものです。温
度の低い空気は重く下に沈むわけですから、坪庭で温度の少し低い土と接触させて空気の温度を、い
つも下げておいてやる事だと思います。打ち水をすることによる気化熱が、さらに、土の温度を下げ
ているのだと思います。その温度が少し下がった空気が外の風などで揺らされて、室内の空気の動き
を作るわけです。コップの中に水を入れて揺らしてみる感じです。その時水は水平方向に行ったり来
たりするわけです。

さて、夏のもう一つの重要なポイントは屋根です。屋根の断熱はとても重要で、できれば茅葺き屋根
並の断熱特性があればよいですね。屋根は雨、風が防げればよいわけではありません。夏季において、
直射日光(熱)を室内に入れないようにするための機能が無くてはなりません。その時の絶対必要条件
は、適切な長さの庇(ひさし)の出た屋根です。勿論庇の代わりに直射日光(熱)を入れない仕組みが
あれば基本的にはよいのですが、できるだけ熱を遮断するためには遮光(熱)部が居住部分からより離
れた所にあった方が効果的です。ただし、太陽が低い位置の場合は、庇では防げませんから、庇以外
の遮光(熱)の仕組みが必要です。
また、本当は屋根材が吸い込んだ湿気を気化させることにより温度を下げる機能があれば、屋根材と
してもっとすばらしいのですが。残念ながら工業製品でそんな機能を持った物は無いと思います。そ
ういう点では、茅葺きの方がよっぽど優れているわけです。
(注:実際に室内に入り込む熱は太陽からの直射熱だけではなく、熱せられた隣家の屋根からもかな
り入ってきます。特に都市部では顕著です。)

夏の対策の基本は、何しろ直射光(熱)を室内に絶対に入れないことです。熱容量を大きく持たせた場
合は特に注意しなければなりません。
そのためには遮光(熱)を「内」ではなく、「外」でする必要があります。ブラインドなどで遮光(熱)し
たつもりでも、室内側に吊るしてある場合は、ブラインドが温まってブラインドそのものが室内に対
しての熱源になってしまい、ブラインドの効果は半減してしまいます。遮光(熱)は必ず外側でしなけ
ればなりません。そうすれば、遮光(熱)材の温度が上がってしまっても、風が熱を持っていってくれ
ます。そんな意味では、秋から冬に落葉する植物は最も優れた遮光(熱)材です。

遮光(熱)するということは、光を入れないことですから、当然室内が暗くなります。夏の快適さを求
めた結果、暗くなるわけで、意味のある暗さです。現在の住宅では、むやみやたらと明るくする傾向
があるような気がします。外から見た形が格好いいからですかね。その結果、熱が入りやすく、熱が
逃げやすい家になってしまい、そのように設計したどうしようもない室内環境を、エアコンだとか冷
暖房だとかを使って、それにエネルギーをガンガン投入して、何とかしようというのが現状ではない
でしょうか。もっとも、家を建てる人がとにかく明るくしたいと望んでいる場合がありますからやっ
かいです。明るくするということは、太陽からの可視光線部分、いわゆる、光ですね、そのエネルギ
ーはただで取り入れて利用しているわけですけど、しかし、夏は同時に熱エネルギー分の赤外線も入
ってきてしまうことになるわけです。そのために先ほどもお話しいたしましたブラインドのことにな
るわけですけど、まあ、「インテリア的に見ると」ということなのでしょうが、省エネ的に見れば、
室内に入れてしまった物を、設備とエネルギーを使って排除するというのは全くナンセンスなことで
す。太陽を光源としか捉えていないんですね。随分尊大な態度だと思います。こういう考え方であれ
ば、ちょっと省エネとは縁がないですね。

熱を「入れないようにする」「外でカットする」が夏場の原則です。太陽からの熱は反射したり、二
次輻射したり、あらゆる方向から入ってきます。一つ一つ立地条件に合わせて検討し、確実に遮断し、
二次輻射熱源にならないように、注意深く防熱対策を立てねばなりません。